睡眠の質を高めるには瞑想を行うことが重要

睡眠の質を高めるには瞑想を行うことが重要

 

眠るという行為は、簡単なようで実はとても難しいことです。
しっかり眠っていると感じていても、朝起きたときにとても体が疲れているとい

 

う経験は誰でもあるはずです。
これは、眠れているようでしっかり安眠ができていない状態であり、体は疲れて

 

眠りたいと感じていても、脳の部分がしっかり安眠できていないということが原

 

因となる場合があります。
しっかりとした睡眠を行うには、質を高めることが重要です。しかし、簡単なこ

 

とでは決してありません。普段と同じように眠りについていても、どうやって眠

 

れば良い眠りにつけるのかと考えてしまうでしょう。
睡眠の質を高めるには、まずは瞑想を行ってみることが良いでしょう。瞑想とは

 

、心を静めて体も同時に休める行為です。体と心が休まることで、自然と安眠に

 

繋がっていくのです。
では、どのように行えば良いのでしょうか。
眠りに付く数時間前には、必ず体が自然に休まる行動を行いましょう。特別なこ

 

とではなく、例えばテレビを見ないということや携帯電話を見ないという行為で

 

す。
テレビを眠る直前まで見ていることで、体は休めていても心が活発に働いている

 

ということになります。また視覚から入っている情報が多ければ、脳はその情報

 

を処理しようと活発に動いてしまう状態になります。
このような状態では、間違いなく安眠には繋がらないでしょう。体も心も休めて

 

落ち着かせることで、安眠の状態を自ら作り出していくことができます。
また、部屋を薄暗くするなどの行為も重要です。部屋が蛍光灯などで明るい状態

 

から急に暗い寝室などに入ることは安眠には繋がりません。むしろ、脳が驚いて

 

当分眠れないということになってしまいます。
心と体を休め、さらに部屋を薄暗くして瞑想を行ってみましょう。そうすること

 

で、自分が眠りたいという時間に眠ることができるようになっていくでしょう。
しかし、睡眠の質を高めることは急にできるものではありません。体には体内時

 

計というものがあり、この時計を急に整えることはとても難しいことなのです。
重要なことは時間をかけて毎日同じように安眠を行う行動を取ることです。時間

 

はかかりますが、体内時計が時間をかけて整いはじめ、自分が眠りたいという時

 

間にしっかり安眠ができるようになっていきます。
また、急いで眠りたいと考えることもよくありません。深呼吸を行い、安眠を行

 

うことを無理に意識をしないで、毎日の快適な眠りを行っていきましょう。